医療用人毛ウィッグとおしゃれ目的だけのウィッグには違いがある

医療用のウィッグがあることをご存じですか?近ごろ、ファッション用のウィッグが大きな注目と人気を集めていて、既製品にもたくさんのスタイルがそろっています。

医療用にも同じ商品を使えると思われている方もいるようですが、医療用とファッショ用では使う目的も体の状態も異なります。同じ商品では使い心地が悪く、ズレなどのトラブルも起こりやすくなります。
使う人がウィッグに求めるスタイルも異なります。では、医療用のウィッグとファッション用のウィッグでは、どのような点が異なるのでしょう?

医療用ウィッグは毛髪の量がちがう

医療用のウィッグは、主に抗がん剤の副作用で髪が抜け始めた方が使用します。ファッション用のウィッグは、毛髪の上にかぶることを前提に作られているのに対して、医療用のウィッグは、ほとんど毛髪が残っていない方や、今後、徐々に毛髪が抜けて行く方、逆に、増えてくる方のために作られています。

地肌やつむじが目立たず、抜け毛の量に応じて簡単な調整ができることなどが考慮されています。

また、ファッション用のウィッグは、自分で作るのが難しいヘアスタイルや、華やかなカール、ウェイブに人気がありますが、医療用のウィッグには、自然なヘアスタイルを中心としたデザインが多いこともおしゃれのためだけのウィッグとは違うところです。

医療用帽子やアンダーキャップを併用して、より快適に

どんなに付け心地がよくても、ウィッグの型崩れやズレは気になりますよね。長時間かぶっていると、ウィッグのもちも短くてなります。
お見舞いに来てくれた方と面会するときや外出するときはウィッグを着けたいけれど、病室にいるときや寝ているときは、むしろ着けたくない方もいるでしょう。

そんなときは、医療用の帽子や医療用アンダーキャップと併用しましょう。抗がん剤治療用の帽子は、お肌にやさしいオーガニックコットンで作られています。絞めつけ感はほとんどなく、縫い目も少ないなど、頭皮への刺激を最小限にできるよう、工夫されています。
外出時にかぶっても違和感のない、つば付きスタイルの商品もありますので、治療によるストレスを少しでも減らすために、便利なグッズをうまく活用しましょう。

帽子だけでなく、ウィッグも体に優しいものが望ましいので、ウィッグはできるだけ抗菌処理が施されたものを選びましょう。気を付けなければいけないのは、「医療用」とうたわれているウィッグのすべてが、抗がん剤治療を受けている方のために作られているとは限らないことです。
軽い脱毛症の方向けの商品も「医療用」として販売されています。使う人の病気や症状に適した商品を選ぶことが大切です。

すぐ購入できるウィッグ、納入スピードが早いセミオーダーが人気

それだけではありません。抗がん剤の副作用による脱毛は、治療の開始から1~2週間で始まりますから、できるだけ早く納入されることも重要になってきます。

完全オーダーメイドのウィッグを注文すると、納期に一カ月以上かかるのが一般的ですが、医療用ウィッグでは納入スピードの速いセミオーダー品が人気があります。

セミオーダー品は納期が早く、最短では数日で納品してもらえます。人毛100%なので、好みの長さにカットできるほか、希望すればパーマをかけてもらうこともできます。

そのほかにも、抜け毛の量に応じてサイズの微調整ができるように後頭部にアジャスターがついているなど、ニーズに合わせて作られています。

人毛ウィッグを購入するなら ↓ がおすすめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする