人工毛ウィッグにヘアアイロンを使う場合、ストレート、カール編

ウィッグにうねりが出てしまったり、カールがとれてしまった時、どうすればいいか困ってしまいますよね。人工毛のウィッグの場合、形状記憶の性質があるためスタイリングが崩れにくいのがメリットですが、それでも使用頻度や扱い方によってはスタイリングも崩れてしまいます。

人毛ウィッグの場合はうねりが出たりスタイリングに手間がかかるのが難点ですが、普段の髪のお手入れと同様にヘアアイロンでスタイリングすることも可能です。人工毛ウィッグの場合は、ヘアアイロンを使用することは可能なのでしょうか?

ウィッグにヘアアイロンを使う時の注意点は?

人毛ウィッグではヘアアイロンを問題なく使用できますが、あまり頻繁に使用すると毛髪を傷めることになるので注意しておきましょう。そして、人工毛ウィッグの場合は、耐熱性のウィッグか非耐熱性のウィッグかを確認することから始めます。

非耐熱性ウィッグの場合は、熱に弱くファイバーが溶けてしまう可能性もあるため、ヘアアイロンは使用できません。耐熱性のウィッグでも温度には気をつけて、ヘアアイロンを使用していきましょう。

耐熱性の人工毛ウィッグと表示されていても、メーカーによって耐えられる温度にはばらつきがあります。できるだけ耐熱温度が高いものを選んだ方が使い勝手もよく安全なので、人工毛ウィッグを選ぶ際には耐熱温度も参考にしていきたいですね。

ウィッグをストレートに戻すためにヘアアイロンを使う方法

まず、ヘアアイロンを使う時には変な癖がついたままアイロンをかけてしまわないように、予めブラッシングしておくことが大切です。そして、温度設定を耐熱温度よりも低めに設定することもポイントとなります。

設定温度ぎりぎりでヘアアイロンを使用すると傷みの原因ともなってしまうので、例えば180度の設定なら130~150度くらいの温度設定にしておきましょう。そして、ストレートにしたい部分に均一に熱を当てていくこともポイントです。

変な癖がつかないようにクリップなどで留めながら、小分けにブロッキングして行うとやりやすいでしょう。そして、熱が冷めるまでそのままストレートの状態でキープしておきます。

普段ヘアアイロンを使用する時とは違って、人工毛ウィッグでヘアアイロンを使用する場合、熱が冷める時に癖がつくのです。ドライヤーの冷風などを利用して冷ますと、時間の短縮にもなっていいですね。

ヘアアイロンは、カールウィッグに飽きてしまった時などにストレートにすることも可能です。ただ、人工毛ウィッグの形状記憶の性質から、上手くストレートにならないこともあるので注意が必要です。
また、ヘアアイロンを使ってせっかくストレートに戻しても、熱によってパサパサに傷んでしまうこともあります。できるだけ、オイルスプレーなどで普段のお手入れに気をつけてストレートを保っていくようにしたいですね。

ウィッグのカールがとれてきたらカール用のヘアアイロン(コテ)を

ウィッグのカールがとれてきて、カールをかけたい場合はカール用のヘアアイロン(いわゆるコテのこと)を使いましょう。ストレート用のヘアアイロンと同様に、熱が冷める時に癖がつくため、毛を巻いた状態でキープしておきます。

カールの場合も、設定温度や予めブラッシングをし、ブロッキングして均一に熱を当てていくという基本的なことは変わりません。ヘアアイロンにカールにしたい部分の髪を巻き終わったら、崩さないようにそっと引き抜き、手のひらの中などでその状態をキープします。

上手にカールするためには、ウィッグを被った状態で行うと仕上がりをイメージしやすくて良いですが、後ろ髪などはやりにくいのでウィッグスタンドを使うのもいいですね。

ウィッグにヘアアイロンを使用すれば、お洒落の幅も広がります。ただ、耐熱温度には注意し、あまり頻繁には行わないようにして慎重に行っていきたいですね。

人毛ウィッグを購入するなら ↓ がおすすめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする