人毛ウィッグが安く買える通販ショップ

人毛ウィッグが安く買える通販ショップ

おしゃれや薄毛・脱毛対策にも使えるお手軽価格のウィッグが増えていますね。コスプレウィッグは人間とは思えない不自然なカラーでもかっこいいですが、普段使うウィッグが不自然だと困りものです。

自然なウィッグといえば人毛を使った高品質なウィッグ。ちょっとお値段が高いので医療用や40代、50代以降の年配向けウィッグ(カツラ)として50万円~100万円で販売されてきたのですが、今は、15,000円~で人毛100%ウィッグを購入することができます。

アクアドール

人毛100%ウィッグから人毛MIXのウィッグまで種類が豊富で、なんといっても1万5000円程度から人毛ウィッグが購入できるのがうれしいですね。帽子付きウィッグもあります。

⇒ アクアドール 公式サイトへ 

リネアストリア

※上記ページは人工毛ウィッグも一部含まれているので確認してください。

人毛100%のウィッグと人毛とファイバーの人工毛をミックスして30%人毛を使っているウィッグなど種類がいくつかあります。価格は人毛100%が5万、6万円以上が大半でちょっとお高めです。人毛ミックスになると2万円台から購入することができます。

⇒ リネアストリア 公式サイトへ

 

帽子つき・帽子用のウィッグも便利

また、特に医療用に使われるウィッグで帽子付きのウィッグ、帽子用のウィッグがあります。帽子用のウィッグは自分の持っている帽子に合わせて使うことができます。毛の使用量が少ないので、普通の人毛フルウィッグよりも価格がお手軽で被りやすいのが特徴です。


⇒ 帽子用・帽子付きウィッグ一覧

ウィッグを通販で買うときの注意点

ウィッグを購入する時は実際に手に取って買うのが一番ですが、最近では通販でも質が高くてそこそこの値段で買える商品も並び、利用価値があると言えるでしょう。ウィッグの通販サイトはかなりの数があるので、忙しい方でもお店に足を運ばずに、様々なウィッグから自分に合ったウィッグを選ぶこともできるでしょう。

ただ、通販サイトの数が多いからこそ、その中から良いサイトを選ぶのは難しいものです。ウィッグを通販で購入する時に失敗のないような選び方や注意点を踏まえ、ウィッグを選んでいきましょう。

ウィッグの説明分をしっかり見ておく

ウィッグの通販サイトでは、実際に手に取って商品を選ぶことはできないため、説明文や画像が頼りとなります。説明文や画像が少ないサイトは商品に自信がなかったり、問題がある可能性もあるので、注意しておきましょう。

自分のサイトの商品に自信があるなら、素材や機能性などの説明がしっかりとされているはずです。自然なウィッグを選ぶなら、素材にはこだわりたいところで、人工毛の場合でも素材にこだわった自然な商品も増えてきています。

また、長期的にウィッグを着用する場合は、通気性がとても重要になってきます。ウィッグを被ることで蒸れてしまい、頭皮環境を悪化させないためにも通気性は必ず必要な機能と言えるでしょう。それから、通販でウィッグを選ぶならサイズの調節ができるかどうかもポイントです。

元々ウィッグは大まかなサイズしかないものも多いので、頭のサイズに合わせたサイズ選びももちろん大切ですが、その後細かく調節が効くかがさらに大切と言えるでしょう。他にも、耐熱性など自分に必要なウィッグの特性をイメージしながらウィッグの説明文を吟味していきたいですね。

つむじの写真など画像の多い通販サイトだと◎

ウィッグを選ぶ時にいくら良いウィッグの写真が掲載されていても、一枚の画像だけでは心もとないものです。ウィッグに自信のある通販サイトなら、色々な角度からウィッグの画像を掲載しています。ウィッグ着用後の写真は特に大切で、実際にどのような雰囲気になるのか、不自然なところがないかチェックしていきましょう。色味や素材感なども、たくさんの写真を見ることでイメージもつきやすくなります。

そして、ウィッグが自然かどうかを見極める上で大切なのが、つむじの部分です。つむじの部分は、後ろからや上などから案外他人からよく見られる部分で、この部分がウィッグの弱点ともなります。つむじが詰まり過ぎていたり、ペタンと潰れていたり、あまりに規則的な生え際になっていると不自然なため、説明文と合わせてつむじの写真をよく確認しておきましょう。また、人工毛の場合ウィッグのテカリ過ぎにも注意が必要なので、よく見ておきたいですね。

ウィッグの実際の質感や色味を確かめる

説明文や画像でしっかり確認しても、やはり掲載されている写真のウィッグの色味と実際届いた物では違和感を感じることもあるでしょう。そして、手触りなどもなかなかイメージできないものです。

そんな時には、カラーサンプルを用意している通販サイトを利用すると間違いが起こりにくいでしょう。高くても数百円程度でカラーサンプルを送ってもらえるので、少量でも実際のウィッグの材質や色味を実際に確認してから選ぶことができるのです。

また、実店舗のある通販なら一度は足を運ぶと確実ですね。それが難しい場合でも実店舗を構えているような大手の通販サイトなら安心して購入できるでしょう。口コミなども参考にして、質問があるなら事前にメールをするなど、手を尽くして自分に合ったウィッグを選んでいきたいですね。

ウィッグでヘアスタイルを変える楽しみ

おしゃれなヘアスタイルを楽しむ際には、髪の毛の長さだけでなく、どんなアレンジをするか、というのも楽しみのポイントとなりますよね。

毎朝ブローをして寝癖を直すだけでなく、コテで巻いたり、アイロンで癖をのばしたり、または、結んだり、編み込みをしたり、おだんごにしてまとめたり、と様々なアレンジ方法があります。

これらは、おしゃれだけでなく、生活上便利なスタイル、という見方もできますが、ウィッグにも、これらのヘアスタイルによる種類がたくさんありますので、自分のお気に入りのスタイルを探しながら、これらのカテゴリにも注目してみましょう。

ヘアスタイルによるウィッグの分類では、長さの違いのほか、カールされた物や、ウェーブがかかった物、ストレートヘアの物、ボブというスタイル、などがあり、それぞれの細かい違いは様々にあります。

同じカールでも、全体的にボリュームが多く見える物や、先端の方にカールがしてある物、ゆるいカールでふわっとした物、しっかりと巻かれクルクルが目立つような物、細かいカール、一つのまとまりがわかりやすいカール、などいろいろあるでしょう。より自然に見える人毛ウィッグやお手軽価格の人工毛などもありますよね。

これによって、与える印象や全体の雰囲気にも影響があります。ポイントウィッグの場合には、スタイルもそれぞれにわかりやすい個性がありますので、これらの活用によっても、いろいろなスタイルを楽しむ事ができるでしょう。

ウィッグ自体のヘアスタイルだけでなく、好みのカラーを使うことで広がる楽しみもありますので、視野を広げてウィッグを選ぶ時の参考にしてみると良いですね。

ウィッグのブラッシングの仕方

ウィッグは使用する前や後に正しくブラッシングすることで、キレイな状態で被ることができますし、また、傷みも少なくなるので長持ちさせることができます。ウィッグ通販のものは比較的安く買えるので、そのためにウィッグのお手入れを雑にしがちですが、正しいお手入れをすることで長く気持ちよく被ることができます。

ウィッグのブラッシングに使うブラシは、金属製のウィッグ専用ブラシがおススメです。金属製のブラシは静電気が起きないので、毛を傷めずにすみます。また、ブラッシングをする前にオイルスプレーを吹きかけることで、すべりが良くなり摩擦が起きないのでウィッグの毛を傷めません。

ブラッシングはウィッグを使う前にも、使った後にも行ってください。被る前には軽くブラッシンをして、絡みを取ってから使用します。毛が絡んだままにしておくと、取りにくくなってしまうので、その日のうちに取るのが基本です。

カールのあるウィッグのブラッシングは、ブラッシングし過ぎないように注意してください。また、ロングのウィッグは絡みやすく、絡みを取りにくいので力を加えずに丁寧に行ってください。毛先から先にブラッシングをしていきます。手ぐしでそっと絡みを取る人もいますがおススメです。

ウィッグ通販のウィッグは便利です。若い人は変身してオシャレを楽しんでいます。私のように家で仕事をしていると、お出かけそのものが面倒になるのですが、ウィッグを着けると、心までお出かけモードになるのが不思議です。もっと年を取るとさらに面倒になるので、楽にキレイになるウィッグは、一生手放せないと思います。

ポイントウィッグは特に毛足の長いロングでない限りブラシをかけることを忘れてしまいがちですが、前髪ウィッグ、和装・着物向けのお団子ウィッグでも毛先に向かって整えてあげる癖をつけておくといつまでも型崩れなくきれいな状態を保つことができますよ。

年代別によるウィッグ

ファッションは、個人の好みや性別などによって様々な変化がありますが、年齢もまた、影響するポイントとなるでしょう。成長するにつれて、服装の好みなども変わってくる場合がありますが、その時々によって自分に合うものを探していくと、自然と選ぶアイテムが変わってくる事もあるかもしれませんね。

流行などもありますので、一概には言えませんが、同じように、ヘアスタイルも年齢によって変化する場合があります。ウィッグを選ぶ際にも、自分の年齢に合った物を活かしたい、と考える人もいるのではないでしょうか。

ウィッグにはたくさんの商品がありますが、年代別に種類を見てみる事もできます。自分だけでなく、家族に勧める場合も合わせて、これらの年代別によるウィッグの種類にも注目してみましょう。

おしゃれやファッションという目線で商品を探してみると、10代後半や20代、30代等のガールズ向けの商品が目に留まる時もあるかもしれませんが、そのほかに、着物を着る時のウィッグ、キッズ向けや、ミセス向けのウィッグもあります。ミセス向けは白髪隠しや薄毛対策としてのウィッグが人気ですよね。

自分に合う物が見つからない時には、年代に関係したところから探してみるのも良いですね。また、詳しいファッションのカテゴリも、自分の年齢に合った物を探す時に役立つ場合があります。

子供の場合でも、七五三、誕生日やクリスマスなどのパーティー、結婚式に参加する時、 記念写真を撮る時など、イベント事はいろいろありますので、親子でウィッグを楽しんでみるのも良いでしょう。